Top / 難易度定義
HTML convert time: 0.059 sec.

難易度定義

Last-modified: 2015-03-07 (土) 16:08:33

譜面一覧

編集中

難易度基準

Roditaはたまに本家を超越する譜面を作っています。
ところが、いきなり「ふつう☆×9」などと言われても「!?」となってしまうと考えられます。
そこで、それらが分かるような表を作成しました。

かんたんふつうむずかしいおに備考
☆×1☆×1☆×1☆×1
☆×2
☆×38分の裏拍
☆×4☆×28分単色3打
☆×5☆×38分の裏拍連続
☆×6☆×48分単色3打が半数
☆×7☆×5
☆×8☆×6☆×28分の112
☆×9☆×7☆×3複雑な8分
☆×10☆×8☆×416分単色3打
☆×11☆×9☆×5☆×2
☆×12☆×10☆×6☆×316分112、12分
☆×13☆×11☆×7☆×48分長複合
☆×14☆×12☆×8☆×5裏拍からの16分
☆×15☆×13☆×9☆×6
☆×16☆×14☆×10☆×716分は3,5打中心
☆×17☆×15☆×11☆×8
☆×18☆×16☆×12☆×9α詳細は下記参照
☆×9β
☆×9γ
☆×19☆×17☆×13☆×10α
☆×10β
☆×10γ
☆×20☆×18☆×14☆×11
☆×21☆×19☆×15☆×12
☆×22☆×20☆×16☆×13

太字は本家を超越した難易度を示す。
※BPMが速い曲はこれよりも☆の数が+1~2されている場合もあり。

おに☆×9以上の表記・基準について

おに☆×9、☆×10

おに☆×9、☆×10はそれぞれひとつの難易度ですが、
その幅がかなり広いので、さらに3段階(α、β、γ)に分けて表記します。
それぞれの基準は以下の通り

おに備考Roditaの譜面の具体例
(動画に飛びます)
☆×9α☆×8よりも複雑な16分の複合が多い
または、体力が☆×8以上に必要な譜面など
β☆×αの2つの要素どちらもがあるような譜面や、
短めの発狂地帯がある等の高い技術力の必要な譜面など
γ長めの発狂地帯のある譜面等の、
フルコンボに☆×10の譜面に対抗できる実力の必要なものなど
☆×10α☆×9だと詐称気味、☆×10だと逆詐称気味の譜面
高速なBPM、仕掛け、長複合などの要素が影響していることが多い
下位:Psycho Chemical[外部リンク]
中位:Edge of the galaxy[外部リンク]
上位:Green Rose Spion[外部リンク]
β☆×10αよりもさらに難しい譜面
休みがあまりなく、難しめの複合が続くようなイメージ
下位:bright[外部リンク]
中位:エニスのテーマ[外部リンク]
上位:デス・ゾーン[外部リンク]
γ☆×10のなかでも頭ひとつ抜けて難しい譜面
発狂地帯が長く/多くある譜面や高BPMでのかなりの技術譜面など
下位:花桜ノ舞[外部リンク]
中位:滅びゆくオペレッタ[外部リンク]
上位:Positron[外部リンク]

おに☆×11以上

☆×10γよりも難しいと判断した譜面は本家にはない☆×11☆×12☆×13を用いて表わします
説明が難しいので、『本家の譜面』と比べてどの程度の難易度なのかを以下に示します

おに備考Roditaの譜面の具体例
☆×11本家の『万戈イム-一ノ十』、『初音ミクの消失-劇場版-(裏)』、『Xa(裏)』はこの難易度
☆×12本家の『双竜ノ乱(表)』はこの難易度
BPM250程度に16分が休みなくに来るような譜面などもここ
☆×13本家の、『ドンカマ2000』、『幽玄ノ乱』はこの難易度