Top / スペシャル / 東方暴走癖 -Toho Speed Arrange Medley-
HTML convert time: 0.148 sec.

スペシャル/東方暴走癖 -Toho Speed Arrange Medley-

Last-modified: 2015-08-29 (土) 10:48:25

東方暴走癖 -Toho Speed Arrange Medley-

このページでは、Roditaが製作活動開始n周年の記念に作った「東方暴走癖 -Toho Speed Arrange Medley-」の紹介、攻略ページです。

ダウンロード

ダウンロードはこちら[外部リンク]
むずかしい、おにのどんすこあ付きです。

どんな曲?

月面着陸ファージ様のアレンジした東方楽曲のスピードアレンジメドレーです。
聴いてみる → ニコニコ動画[外部リンク]

難易度は?

むずかしい☆×8、おに☆×10です。
休憩地帯や、稼げる地帯があるので、クリア難易度はもっと低いです。
詳しいことは下の攻略に書いてあります。どんすこあ(譜面画像)もあります。

メドレーの曲順が知りたい

作曲者様のサイト内[外部リンク]にあります。
そちらをご覧ください。

攻略

※参考にならないかもしれません。ご了承ください。

むずかしい

難易度天井スコア
☆×8
3887コンボ
5258620点+連打
  • BPM190~202
    • ほとんどは197~198
  • すべて8分まで構成されている
    • このため、クリア難易度は低め
  • ほとんどがGOGOタイム
  • 天井スコアは540万点が目安
    • 演奏時間が18分あるので、通常の1曲を3分として、☆×8(90万点)
      の6曲分の点数が設定されている
    • 連打は15万点程度が目標

ポイント

以下の3点が攻略のポイント

  1. 長く複雑な8分複合
  2. リズムの取りにくい付点配置
  3. 変拍子

1.長く複雑な8分音符

76~89、327~330、554~569、666~701小節など
それ以外にも7打程度の複合が頻出するので、
それらで引っかかってしまう人は、
いくつか(4つなど)で区切るなり、分業で抜けるなり、
対策をすると楽になるかも

なお、長い複合がある地帯の多くは3拍子なので注意

また、攻略とは少し違うが、交互に叩いて練習するのもいいかもしれない

2.リズムの取りにくい付点配置

49~56小節など、かなりの数存在する
中には、縁のみで構成された地帯もある
「タッタッタ」とリズムよく叩こう

3.変拍子

メドレー形式なので、曲を知らないと、
気が付かぬ間に3拍子の曲になっていたりする
リズムがよく分からなくなってきたら、
とりあえず音符だけみて叩いた方が楽かもしれない

なお、702~709小節の7拍子地帯は、
直前まで長い8分複合(さらに3拍子)があるのに、
複雑な8分複合と付点配置がセットになっている%%キモい%%かなりの難関地帯
譜面画像を見たり、何度も繰り返したりして、対策をしよう
+  むずかしいのどんすこあ

おに

難易度天井スコア
☆×10
6464コンボ
7067470点+連打
  • BPM190~202
    • ほとんどは197~198
  • 休憩地帯と密度の高い地帯が分散している
    • このため、クリア難易度自体は低め(☆×9程度)
  • ほとんどがGOGOタイム
  • 天井スコアは720万点が目安
    • 演奏時間が18分あるので、通常の1曲を3分として、☆×10(120万点)
      の6曲分の点数が設定されている
    • 連打は14万点程度が目標

ポイント

  • 難所を頭から順番に解説
    • 各所をαβγの三段階の色分けで表記*1
  • [β] 49~56小節
    見た目の縁が多く惑いやすい
    ヴァーナス(バーナス)で叩くなりするといいかも
  • [α] 139~170小節
    見た目が減速して縁だけの地帯
    この地帯の前半には付点配置もあるので注意
  • [α] 180~187小節
    2打の16分、付点配置がある
    複合はやさしいので落ち着いて叩こう
  • [α] 188~195小節
    連打の叩きすぎで巻き込まないように注意
    
  • [α] 246~247小節
    大音符が混ざった8分複合
    見切りにくいので落ち着いて叩こう
  • [γ] 274~289小節
    12分の長複合、3拍子
    3-3で区切れる繰り返し配置
    リズムを取らい損ねると思った以上にハマるので要注意
  • [β] 291~321小節
    ほぼ縁のみの地帯 ここでは減速はなし
    代わりに16分の15打や、24分があるので注意
  • ここからしばらくやさしい配置
    所々にある連打の巻き込みには注意
  • [α] 488~511小節
    見て目が減速して再び縁のみの地帯 
    前半の付点配置と16分には注意
  • [γ] 545~568小節
    製作者的にはここが最難関の配置 16の長複合地帯
    とくに、553~の配置は569小節を合わせて257打の超複合
    本家のヒカリノカナタヘに近い複合がBPM198で流れてくる
    区切りやすい複合ではあるので、譜面画像を見て叩き方を確認しておこう
  • [β] 601~620小節
    付点、12分、16分が混ざったリズム難地帯
    似たような配置が続くので、落ち着いて処理しよう
    
  • [α] 661~668小節
    大音符に高速ソフランが掛かっています
    リズムを間違えないように注意
    また、最後の縁2打にも要注意
  • [α] 701~708小節
    7拍子地帯
    7打複合を除けばやさしい配置なので落ち着いて叩こう
    拍のことは忘れて音符だけを見て叩くのもあり
  • [α] 717~732小節
    見た目減速の縁地帯
    これまでの縁地帯よりは簡単 休憩地帯
  • [α] 767~782小節
    付点配置、風船からの巻き込みに注意
  • [β] 814~829小節
    16分の長めの複合が何本かあります
    すべて4打区切りできるものなので、曲に遅れないことだけを意識しよう
  • [β] 846~860小節
    曲のメインではなく後ろの方の音を拾った配置 ラス殺し的なつもり
    複雑な配置、長い16分などがいくつかあるので、落ち着いて処理しよう
  • 最後
    最後に16分の面3打が流れてきます
    忘れないようにしましょう
+  おにのどんすこあ